「 ギフト 」 一覧

時間がなくても大丈夫!フラワーギフトも通販で贈れる、便利なサービス3選

フラワーギフトは誕生日や母の日・父の日などに「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝えるのにぴったりの贈り物です。 直接手渡しするほか、注文して届けてもらえば遠くに住んでいる大切な人へ贈ることもでき ...

誕生日に贈りたいフラワーギフト、花束から食べられるお花まで一挙紹介!

大切な友人や家族、恋人の誕生日に「花を贈りたい!」と思ったことはありませんか? でもいざとなると、なんとなく照れくさい、花屋さんに行きづらい、喜んでもらえるのかな?と不安になり躊躇してしまう、という人 ...

入学・卒業祝いに贈りたいフラワーギフト!人気のアレンジメントまとめ

入学や卒業のお祝いに想いを込めて、フラワーギフトを贈ってみませんか? 人生の新たな門出にお祝いの気持ちやエールを伝えるには、華やかなお花の贈り物がピッタリです。 今回は入学・卒業祝いにおすすめの花束や ...

母の日のフラワーギフト、園芸好きのお母さんにはバラ鉢植えを贈ろう!

日頃の感謝の気持ちを込めて贈る母の日のフラワーギフトに花束やアレンジメントも良いですが、園芸好きなお母さんには育てる喜びがある鉢植えを贈るのもステキ! 母の日のフラワーギフトの鉢植えで、とくにおすすめ ...

旦那の男を上げるチャンス!バレンタインデーにワンランク上の名刺入れをプレゼントしよう

「バレンタインデーだけどチョコは毎年あげているから今年は違ったものをあげたい」「バレンタインデーに旦那に何をプレゼントしよう」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこでおすすめは名刺入れ。良い ...

彼氏の就職祝いには名刺入れをプレゼントしよう!失敗しない選び方ガイド

彼氏が大学を卒業して就職するなら就職祝いのプレゼントには名刺入れがおすすめです。 きっと、良い名刺入れは彼氏の良いビジネスパートナーとなることでしょう。 ただ、名刺入れならどれでも良いというわけではあ ...

バレンタインデーで初めて彼氏に財布をプレゼントする女子必見!男性ものの財布の選び方

バレンタインデーのプレゼントには財布が人気。肌身離さず持ち歩いて、長期間使うものなので、大切に使ってくれること間違い無し。でも、女性ものと男性ものでは財布のデザインやタイプも異なります。 そこで、今回 ...

手軽に贈れるプチギフト!オシャレで可愛いミニ観葉植物を贈ろう

コンパクトサイズのミニ観葉植物は、インテリアショップや雑貨屋さんなんかでもよく見かけますよね。 実はこのミニ観葉植物、ちょっとしたお祝いやお礼のギフトにピッタリなんです! 大げさにならず、それでいて相 ...

還暦祝いに贈る花のギフト!定番からちょっと変わったものまで一挙ご紹介

還暦祝いのギフトの代表格といえば、花束やフラワーアレンジメントなどのお花。 受け取った方に心から喜んでもらえるように、こだわりを持って特別なお花のギフトを選んでみませんか? ここでは還暦祝いのために厳 ...

プリザーブドフラワーをキレイに長持ちさせる秘訣!正しい保存方法まとめ

プレゼントでいただいたプリザーブドフラワーのアレンジメントや結婚式のブーケなど、大切な思い出とともに長く飾っておきたいですよね。 しかし扱い方や保存方法を間違えると、せっかくのプリザーブドフラワーも劣 ...

男性に喜ばれるお花のプレゼント!押さえておく5つのポイント

女性ならどんなシーンでも必ず喜ばれる、お花のプレゼント。でも、男性にはお花をプレゼントしたことがないというかたが、ほとんではないでしょうか。 男性もお花をプレゼントされれば、嬉しいはず。なぜなら、そこ ...

お義母さんの誕生日に、こんなフラワーギフトのご提案!

自分の親だったらどういった物が好きかもわかっているし、気軽に「誕生日プレゼント何がいい?」と聞いたりも出来ます。 しかしお義母さんの場合は、好みがわからなかったりして何を贈ればよいか迷うことも。 そん ...

いただいた花のアレンジメントを長持ちさせたい!お家でできる方法

誕生日や結婚祝いなどでせっかくいただいた花のアレンジメント、お家でどんなふうにケアしていますか? お花は、贈っていただいた方の気持ちそのもの。 だからこそ、お家でも長くキレイなままで飾っておきたいです ...

プリザーブドフラワーの人気ギフトからセンスのいいプレゼント厳選3点

「ありがとう」「おめでとう」「愛しているよ」「また会いましょう」「お元気で」など、様々な想いを込めて贈られるギフト。そんなギフトの定番といえば、やはりいちばんに浮かんでくるのが花ではないでしょうか。花 ...

突然の訃報でも慌てない!葬儀で生花を贈るときの流れとよくある疑問点Q&A

花を贈る機会は何度もあるかと思いますが、中でも慌てるのが葬儀だと思います。人はいつ亡くなるかわからない上、訃報が届いた当日にはお通夜、翌日には葬儀というように、知らせが入ってからお花が必要になるまでの ...

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.