ライフスタイル

手に入らなくなるかも?超レアで個性あふれる象革の財布はいかが!?

投稿日:2018.3.18 更新日:




「今度は個性的な財布がほしいな」「耐久性があって長持ちする財布がいいな」という方には象革の財布がおすすめ。

今回は普段なかなか見られない象革の財布について、その魅力やおすすめ商品をご紹介します。

象革の財布は希少価値が高くて、耐久性もピカイチ!

陸上最大の動物で、動物園でも人気者の象ですが、古くから象の革は希少価値が高い皮革として取引されてきました。

現在ではワシントン条約によって、象の捕獲や皮革の輸出入が全面的に規制されていて、その希少価値はますます高まっています。

アフリカ大陸のジンバブエでのみ限定的に輸出が許可されていて、ごく少量が市場に出回っているのみです。これも、捕獲を許可しているのではなく、自然に死んだ象や、生態系を守るために止むを得ず間引きされた象によって作られた、いわば副産物の象革の在庫を処分するための措置ということです。

基本的には全面的に取引が禁止されているので、今後象革の供給がストップしてしまうことも考えられます。

象革の魅力といえば、自然にできたシワやヒダ。動物園で象を見ると、肌の表面がシワシワになっていることがわかるかと思います。
ひし形のような模様や、斜めに線が入ったような模様など、その表情はどれ一つとして同じものがなく、上質さの中にもワイルドさを感じさせる一品です。

スエードのようななめらかでしっとりとした肌触りも魅力的。財布は日常的に使うものですが、この手触りは飽きが来ません。

また、アフリカ大陸という厳しい環境で育っているだけあって、革の耐久性もバツグンに高く、形や美しさが長持ちします。ちょっとした擦れで傷がつくということも少ないでしょう。
牛革など、他の皮革は水に弱いのですが、象革は水濡れに対しても強いです。

起毛皮革なので、使っているうちに毛が寝ることで、表面のツヤも出てきます。

丈夫なので、頻繁にメンテナンスする必要がなく、手入れ方法もかんたんです。末永く使える相棒となってくれるでしょう。

おすすめの象革製財布2タイプ

以上のように、希少価値が高い象革製品はなかなか店頭で目にする機会がありません。しかし、ネットで「象革」と検索すれば、象革の財布を販売しているショップを見つけることができます。

象革の財布は決して安いものではありません。品質やデザインはこだわりたいものですよね?
そこで、ここからはネットで購入できるおすすめの象革財布を2つご紹介します。

・リベロ エレファント 二つ折り財布 No.LY1103-suna
まずご紹介するのはコンパクトで持ち運びも便利な、二つ折りタイプの財布です。
リベロではワシントン条約の規制に基づき、適切に輸入した象革を使用しているので安心。象革でしか味わえないシワや表面のきめ細かいシボ、ソフトな肌触りが楽しめます。

一方、内側は国内でも有数の牛革ブランド、姫路レザーを使用。個性的な象革と、色合いがシックな姫路レザーのコントラストが味わえます。

メインの札入れは2つ、小銭入れと、3つのカードポケット、そしてフリーポケットを2つ備えていて、機能性も十分です。

カラーは表面には像革らしさが味わえるブルーに内側はエレガントさがあふれるパープル、
高級感あふれるブラックにコントラストが映えるレッドを組み合わせた2色から選べます。

http://www.factus-homme.biz/fs/factus/brand_rank_b031_10/item-ly1103-suna

・リベロ エレファント 長財布 No.LY1102-suna
続いてご紹介するのが、スマートでスーツにもよく合う長財布です。
二つ折り財布と同様、ワシントン条約の規制を遵守し、合法的に輸入された象革のみを使っていて、日本国内で製造しているので安心。二つ折り財布よりも当然ながら表面の面積が大きくなるため、象革の個性がたっぷり楽しめ、存在感もバツグンです。

ラウンドファスナーを採用しているので、口が大きく開きやすく、支払いのときもスマートさを演出できます。
内面は姫路レザーを使用していて、ファスナーを開けたときには象革とのコントラストを楽しめます。

マチ付きなので、収容もたっぷり。2つの札入れに、ラウンドファスナーを使った小銭入れ、クレジットカードやICカードなどが整理して入れられるカードポケットが8つ、フリーポケットが2つと、収納も二つ折り財布に比べてさらに便利です。

カラーはこちらもブルー×パープル、ブラック×レッドの2パターンです。
http://www.factus-homme.biz/fs/factus/brand_rank_b031_10/item-ly1102-suna

貴重な象革財布で差をつけよう!

以上、おすすめの象革財布を2種類ご紹介しました。
先述のとおり、ワシントン条約で取引が全面的に規制されていて、例外のみが認められている状況なので、いつ象革の供給がストップするかわかりません。
貴重な象革を手に入れるなら今がチャンスです。

独特の表情や、やわらかい手触りは他の皮革では味わえませんし、そのディテールは世界無二のものです。また、耐久性も高いので、長く使えること間違いなし。詳しい人が見れば「おっ!」と思う象革の財布。個性的なものを使いたいという方には断然おすすめです。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-ライフスタイル
-象革, 財布

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.