フラワー・ギフト

彼女の誕生日や記念日に花を贈りたい!どんな花を贈れば喜ばれる?

投稿日:




愛する人への贈り物の定番は花。特に誕生日やクリスマス、記念日など特別な日に花を贈れば最高の演出となります。しかし、「どんな花を選んだら良いかよくわからない」という男性も多いのではないでしょうか。

今回は、彼女に贈るための花の選び方や、プレゼントに最適なおすすめの花をシーン別にご紹介。さらに気をつけておきたい、送ってはいけないNGな花も見ていきましょう。

花を選ぶときには花言葉に注目してみよう

みなさんも耳にしたことがあるかと思いますが、花にはそれぞれ花言葉というものが存在します。
例えば日本人に馴染みが深いサクラは「精神の美」「優雅な女性」、キクの花は「高貴」「高潔」「高尚」というように、1つ1つの花に意味が込められているのです。
さらに、キクの中でも赤いものは「あなたを愛しています」、黄色いキクは「敗れた恋」という意味になり、同じ花でも色によって花言葉が異なります。(同じキクでも赤いものは愛情表現、黄色いものは失恋を表すという真逆の意味合いがあるのは面白いですよね)

この花言葉は昔から伝わる逸話や、花の見た目によって決められています。告白には赤いバラというイメージがあるかと思いますが、燃えるような鮮やかな赤いバラには「あなたを愛しています」「愛情」「美しい」「熱烈な恋」という花言葉があります。

つまり赤いバラを贈ることによって、「あなたが好きです」というメッセージを相手に送ることができるので、告白の定番となっているのですね。

花を贈るときにはまずどんなメッセージを送りたいか考えてみて、それにぴったりな意味合いをもつ花を選んでみると良いかと思います。

シーン別おすすめの花

それでは、シーン別にどのような花がおすすめなのか、見てみましょう。

・誕生日

誕生日はもっとも大切な記念日と言っても過言ではありません。「生まれてきてくれてありがとう」という感謝を伝えたいのであれば「感謝」という花言葉があるピンク色のカーネーションがおすすめ。他にもバラ、ホワイトレースフラワー、カーベラにも「感謝」という意味合いがあります。
いずれも鮮やかな色合いなので、おめでたい誕生日を彩るにはぴったりです。

昇進や開業、引っ越しのお祝いの定番になっている胡蝶蘭もおすすめ。その名の通り花の形が蝶に似ていて、「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、特にピンク色の胡蝶蘭には「あなたを愛しています」という意味合いもあるので、誕生日のお祝いと愛情を表現することができます。
見た目が豪華で日持ちもしやすいので、喜ばれること間違いありません。

他にも誕生日のお祝いとしては誕生花が定番。1月はスイセンやシンビジウム、2月はフリージアやマーガレットなど、月や日ごとに誕生花が決まっていますので、彼女の誕生日に合わせた花を選びましょう。

・付き合って●周年記念日

2人だけの大切な記念日として「交際を始めた日」があります。付き合い始めた日を覚えていてくれるのは女性としては嬉しいもの。この記念日もやはり「愛しています」という意味合いのバラやマーガレットがおすすめです。
他にも「あなたに愛されて幸せ」という意味合いがある白いアザレアや、「あなたがあっての幸せ」という意味合いがある赤のゼラニウム、「あなたとなら幸せ」という黄色のヒヤシンスも良いかもしれませんね。

・クリスマス

キリストの誕生を祝うクリスマス。聖なる夜には「祝福」という意味合いがあるポインセチアが定番。赤い花はクリスマスらしさの演出にもなります。
クリスマスローズもおすすめ。12月頃に咲く季節の花なので、クリスマスムードを盛り上げるのにぴったり。「私を忘れないで」という花言葉がありますので、愛情を表現するのにも最適です。

・ホワイトデー

男性が女性にプレゼントをする日と言えばホワイトデー。バレンタインデーのお返しにはプレゼントとともに花で演出しましょう。
やはりこの日も赤いバラが一番人気です。

彼女に送ってはいけない花とは?

ここまでおすすめの花を紹介してきました。特に赤いバラは定番中の定番ですが、やはり気持ちが伝わりやすいもの。彼女への愛情表現としては一番適している花だと思います。

やはり色鮮やかな花は女性に喜ばれるプレゼントなのですが、花なら何でも良いというわけではありません。中には彼女に贈るには適切でないものもありますので、ここからはNGな花をご紹介していきます。

・アジサイ

アジサイは1シーズンで色が変わることから、「移り気」「浮気」という花言葉がありますので、恋人に贈るのには向いていません。

・ダリア

「裏切り」「移り気」という花言葉があるダリアもアジサイと同様恋人へのプレゼントには避けたい花です。

・黄色いスイセン

「うぬぼれ」「愛に答えてください」「私の元へ帰ってきて」という花言葉がある黄色いスイセンは、ちょっと重い人という印象を与えてしまうかもしれません。

・スノードロップ

白くて鈴のようなかわいらしい花を咲かせるスノードロップですが、花言葉は「あなたの死を望みます」という怖いもの。恋人に限らず、決して人に送ってはいけません。

ネガティブな意味合いをもつ花を送った場合、相手が花言葉に詳しかったら不快に思ってしまうこともあります。悪気がなかったとしても、相手がどう感じるかが肝心。花を贈る前は必ず花言葉をチェックしてみましょう。

 

今回の記事をぜひ参考にしていただき、大切な日に大切な人との愛を育んでくださいね。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-フラワー・ギフト
-amifa, お祝い, フラワー, フラワーアレンジメント, プリザーブドフラワー, , 花束

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.