インテリア

和室の窓や間仕切りに!ウッドブラインドでこだわりの空間づくりを

投稿日:




日本の伝統的な和室は、すべて自然素材でできています。襖や障子に使われる和紙、土壁、そして家を支える柱梁や鴨居の木材。和室の間仕切りや窓辺のインテリアアイテムに迷ったら、今注目の「ウッドブラインド」はいかがでしょう。和室にブラインド?と思われるかもしれません。ウッドブラインドは木でできているので、木目調や色合いで落ち着いた雰囲気になり、現代住宅の和室には違和感なく取り入れていただけるものなんですよ。

今回は、和室をモダンな空間に演出する、最近流行のウッドブラインドの機能と特長についてご紹介してまいります。

 

●ウッドブラインドはこうして使う

ブラインドの何枚も連なっている長細いパーツを、スラットと言います。スラットが木でできているのが「ウッドブラインド」です。
ブラインドは、スラットの角度を調整することで、空気の入れ替えをしたり、差し込む陽ざしをコントロールしたりできます。カーテンとちがって透けることがないので、プライバシーが守られて安心ですね。

カーテンやロールスクリーンは、開けるか閉めるかどちらかになりますが、ブラインドは下ろしたままでも、スラットを斜めにすると、間から風や光を入れることができるんです。しかも、風が強いときや陽ざしが強すぎるときは、スラットの角度を変えすきまの幅を調整すれば、取り込む風や光の量を自在に変えることができます。

 

●ウッドブラインドのおすすめポイント!

・日本の四季に合った「木」という素材

木を含む自然素材は、湿気が多いと水分を吸って、乾燥していると水分を放出します。木材からできているウッドブラインドは、四季をとおして快適な空間を提供してくれます。

・無垢材と集成材

材料は無垢材と集成材とがあります。無垢材の場合は、各スラットがいわゆる「一枚板」でできています。美しい木目と無垢ならではの重厚感は、他のブラインドでは得られない空間を創り出してくれるでしょう。集成材は、数種類の木材を張り合わせたもので、強度が高く反りなど変形しにくいのが特長です。無垢材に比べると、汚れが目立ちにくくお手入れがカンタンで、価格が手ごろなのも嬉しいですね。

・種類が豊富なブラインド

ブラインドというと、オフィスや店舗向けというイメージ。最近では、住宅に使われることも多くなってきました。いかにもオフィスっぽいデザインではなくて、カラーバリエーションや質感など、選択の幅が広がっています。その1つがウッドブラインド。色もナチュラルブラウンだけでなく、モノトーンやダークブラウンの塗装をほどこし、お好みに合わせてお部屋にマッチさせることもできるんです。

・プライバシー保護と空間開放の二つ同時もOK

スラットとスラットのあいだから風や光を入れることができますが、開けているのに外から部屋の中が見えない構造なので、大切なプライバシーを保つ役目もしてくれます。開放されていても、直射日光を避けられて、木や畳が日焼けする心配も必要なくなります。

・和室の畳にもぴったり!

実際に和室にカーテンを付けると、やぼったくなることは否めません。ロールスクリーンやスチールブラインドは、クールでオフィスのような感じにもなってしまいます。天井や梁柱と同じ素材の木は、和室になじみやすく、ウッドブラインドでリフォームすると、びっくりするくらいオシャレで個性的な空間に生まれ変わりますよ。

 

●ウッドはアルミや樹脂とどうちがうの?

ブラインドというと、薄いアルミのもの、プラスチックで軽いもの、そしてオフィス空間を想像されるかたも多いでしょう。従来のブラインドは、アルミやプラスチック樹脂が主流でした。ウッドブラインドは、高級感ただようこだわりのインテリアアイテムとして、人気をジワジワと上げています。

ウッドは他の素材に比べて静電気が発生しにくく、チリやほこりが立ちにくい素材です。ブラインドは掃除がネックですし、ホコリを寄せ付ける静電気は、掃除するものにとっては最大の困りもの。少しでもチリや汚れが付きにくいほうがお掃除がラクになりますね。お掃除には専用の掃除道具を使うととっても便利です。

ウッドは何よりも自然のものであるということ。木目調は、和室になじみ、窓だけではなくて、ふすまや障子の代わりも十分役目を果たします。日本古来の数寄屋造りのような純和風建築なら話は別ですが、モダンな流れの現代住宅では、スタイリッシュでおしゃれ、それでいてナチュラルな質感のウッドブラインドは、疲れを癒す空間には持ってこいのアイテムでしょう。木の温もりを感じながら生活できるスペースは、都会ではとくに貴重といえるかもしれません。

日本人は四季を大切にし、和紙、土、木などの素材は、日本人の遺伝子に組み込まれたもの。どれだけ生活様式が欧米化しても、日本文化が途絶えることはありません。住宅に和室をつくるなら、ウッドブラインドでこだわりのある空間づくりをお楽しみください。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-インテリア
-インテリア, オーダーメイド, カーテン, カーテンくれない, ブラインド, 遮光性

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2021 All Rights Reserved.