インテリア

カーテンを使い分けよう!シェードカーテンの使いやすさと注意点

投稿日:




お部屋のカーテン選びの際に、もっとスッキリしたレイアウトにしたいなぁと思われた事はありませんか?
ロールスクリーンもいいけど、カーテンの暖かみを残したい時もありますよね。
そんな時、選択肢の一つに入れていただきたいのが、シェードカーテンです。
シェードカーテンとは、ヒダ状(蛇腹状)に折りたたむ形式のカーテンのことで、通常のカーテンであれば左右に開閉を行いますが、シェードカーテンの場合は、カーテンの端に取りつけられたコードやドラムなどを使用して、上下に開閉を行います。
生地は通常のカーテンと同じものが使われることが多く、カーテンレールにも簡単にとりつけることができます。

 

●シェードカーテンのメリット

シェードカーテンを使用する最大のメリットは、縦の空間を利用できるため、お部屋が広く使える点です。
例えば、窓際に観葉植物や本棚を置きたい時、通常のカーテンであれば、カーテンを開いた際の左右の「たまり」を考慮して家具やインテリアを配置する必要があります。一方で、シェードカーテンの場合は、「たまり」が窓の上部に向けて蛇腹に折りたたまれていく為、窓の両脇のスペースを有効に活用することができるのです。
カーテン選び一つで、お部屋のインテリアの幅が広がるのは嬉しいですね。

また、開閉の調整を上下に行うため、陽の入り方を調整できる点も、シェードカーテンの特徴です。
インテリアとの相性の良さと共に、実用的な側面もあわせ持っているのです。

 

●ロールスクリーンやブラインドとの違い

上記のような特徴は、ロールスクリーンやブラインドにも見られますが、シェードカーテンとロールスクリーン/ブラインドの違いは、どこにあるのでしょうか。

ロールスクリーンやブラインドと同様にコンパクトさが強みのシェードカーテンですが、やはりシェードカーテンの特徴は、「カーテンであること」でしょう。
生地を巻き取るロールスクリーンに対し、生地を「畳んでいく」シェードカーテンは、特殊な加工をほどこす必要がないため、生地の種類が豊富で、通常のカーテンとのコーディネートに向いています。
コンパクトさでは生地を巻き取るロールスクリーンやスラットと呼ばれる板を開閉するだけのブラインドに軍配が上がりますが、通常のカーテンとシェードカーテンを組みあわせてお部屋のコーディネートをしたいという方には、生地や柄を合わせられるシェードカーテンが便利です。

つまり、ロールスクリーンやブラインドのコンパクトさと、カーテン生地の持つあたたかみといった特徴を両立しているのがシェードカーテンだといえます。

 

●シェードカーテンのデメリットは?

もちろん、シェードカーテンを購入する際に注意しなければいけない点も存在します。

(1) 掃き出し窓などには向かない

シェードカーテンの種類によっては、ベランダやバルコニーへの掃き出し窓には向かないことがあります。
人が出入りする場所にシェードカーテンを設置した場合、通常のカーテンと違い、かなり上部までカーテンを開き切る必要があるため、この作業が面倒に感じる人もいるかもしれません。

(2) 生地が重いと扱いづらい

シェードカーテンに採用されている生地が重い素材であった場合、生地をたくし上げるという構造上、シェードカーテンを開ける作業が辛いものになる可能性があります。

(3) 畳んだ部分の嵩

ロールスクリーンのように巻き取るという構造ではないため、シェードカーテンをいっぱいまで開けた状態でも、どうしてもカーテンの上部に畳まれた生地の「たまり」が生まれます。
特に厚い生地が使用されていた場合には、この「たまり」が大きくなってしまいます。

 

メーカーによっては、掃き出し窓用や薄い生地のシェードカーテンを扱っていることもありますが、好みによって、掃き出し窓には通常のカーテンを、腰高窓にはシェードカーテンを使用するなど、使い分けも重要です。

そうして使い分けをする際に、選べる生地が豊富という点は、やはりシェードカーテンの強みとなりますね。

 

●人気のシェードカーテンTOP3

では、どのようなシェードカーテンが実際に購入されているのでしょうか。
人気のシェードカーテンTOP3を見てみましょう。

・STRIPE SHADE TYPE

シンプルかつメリハリのあるストライプが特徴の遮光シェードカーテン。鮮やかな黄色や青、シックな黒といったカラーを取り揃えており、お部屋の雰囲気に合わせたコーディネートができるようになっています。
縦のストライプは、左右に開閉する通常のカーテンよりも、上下に昇降するシェードカーテンで活きるデザインですね。
www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shade-stripe

・PrivacyPrima Shadetype

累計販売枚数27万枚超えを誇るプライバシープリマのシェードタイプ。レースなのに外から透けて見えない独自の製法が特徴となっている他、今や必須ともいえる防炎加工を施した万能レースカーテンです。
優れた目隠し効果を備えている一方、遮光カーテンではない為、レースらしい外光の取り込みが期待できます。
カラーは、プリマサクラやプリマメロンといった爽やかな色が揃えられており、レースの記事でシェードカーテンを選びたいという方にはピッタリのカーテンです。
www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shade-camyu

・Plenty

36種類のカラーバリエーションを揃える人気のPlenty(プレンティ)。
遮光率99.99パーセント以上を誇る一級遮光に防炎加工、加えてお手軽な価格が魅力的です。
カラーは、カジュアル、ナチュラル、ラグジュアリー、シンプルモダン、クールの6種類のテイストから選べる36色。どんなお部屋やオフィスにもマッチする一色が見つけられそうですね。
プライバシー保護に防災、それにコーディネートも両立できるシェードカーテンです。
www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shade-plenty

 

用途や好みに合わせた様々な種類のシェードカーテンが用意されていることがわかりますね。
メリット・デメリットを見てきたとおり、シェードカーテンも万能というわけではありません。しかし、カーテン選びの際に選択肢が増えるのは嬉しいことです。
インテリアとの相性や実用性も踏まえ、どのタイプのカーテンを組み合わせるべきか、ケースバイケースで選んでみてください。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-インテリア
-, , , ,

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.