インテリア

まだ地味な遮光カーテンを使ってるの?今すぐカーテンショップをチェック!

投稿日:2018.2.22 更新日:




遮光カーテンというと地味だとか暗いというイメージがありませんか?確かに映画館の暗幕や一昔前の遮光カーテンのイメージがあると、どうしても暗いという印象が拭えないかと思います。

遮光カーテンは黒い遮光生地を間に挟んでいるので、本来であれば明るい色でも、どうしても遮光生地が透けることで色がくすみ、暗めになってしまいます。生地も分厚いし、昼間でも閉め切ると真っ暗になってしまうのも、遮光カーテンが暗くて重いという印象を与えてしまう要因かもしれません。

しかし、最近ではおしゃれで明るさが感じられる遮光カーテンもたくさんあるのです。

●遮光カーテン専門店のWebサイトを覗いてみよう!

カーテンを買うときにどこで買いますか?やはり質感や色味がご自分の目で確かめられるので、家具店などで買われる方も多いかと思います。しかし、店頭に展示されているのはあくまで在庫があるものに限られます。遮光カーテンはあまり置いていないお店も多く、置いてあっても地味なものが多く、気に入るものが見つからない可能性もあります。

そこでおすすめしたいのが通販でカーテンを販売している専門店です。特に今回おすすめしたいのが「カーテンくれないWeb」です。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shakou
大阪にお店があり、1965年創業という老舗のカーテン専門店です。特に最近では遮光カーテンの販売に力を入れており、光を100%遮光する「完全遮光カーテン」や、デザイン性が高い遮光カーテン、遮光性だけでなく保温性や遮熱性、防音、防炎など、付加価値が高いカーテンを多く扱っています。

プレーンなものから、ラグジュアリーなもの、柄物カーテンなど40種類以上の商品バリエーションがあるので、きっとお気に入りのカーテンが見つかることでしょう。

商品ページにはお部屋に取り付けたイメージ画像が豊富に掲載されているので、ご自分のお部屋に取り付けるときのイメージも湧きやすいようになっています。更に、生地サンプルを取り寄せることも可能なので、店頭と同じように生地の質感や色味、遮光性を確かめた上で購入することも可能です。

窓のサイズや形状が特殊でも安心。1cm単位でサイズを指定できる「オーダーカーテン」での注文もでき、しかも自社工場をもっているので納期も既製品と変わりません。

価格もリーズナブルで、全品送料無料なのでお財布にもやさしい、至れり尽くせりのカーテン専門店です。

●イチオシの商品は?

きっとカーテンくれないWebでカーテンを見れば、これまでの遮光カーテンに対するイメージがガラリと変わること間違いありません。実際にどんな商品があるのか、いくつか見てみましょう。

・40色の中から選べるプレンティ
カーテンくれないWebで一番人気なのが「プレンティ」です。累計販売枚数は47万枚を突破。プレーンでシンプル、どんな部屋でも使いやすい遮光カーテンです。

プレンティの一番の特徴は、豊富なカラーバリエーション。なんと40色の中から選べます。ブラウンやグレーといった、これまでの遮光カーテンにもよくあった色から、ピンクや水色、シルバー、ゴールドといった明るい色まで、お部屋の雰囲気や好みに合わせて自由自在です。

デザイン性はもちろん、機能性も十分。光を99.99%以上遮る1級遮光カーテンに認定。火災のときでも燃え広がりにくい防炎加工も施されています。オプションのWS縫製を施せば、100%光を遮断する完全遮光、断熱効果や保温保冷効果も高まります。

https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/plenty

・純白を極めたSHIRO
先程もご説明したように、遮光カーテンは黒い遮光生地を間に挟んで作られます。そのため、例え白い色でも遮光生地が透けてしまって、完全な白色というのは再現できませんでした。

しかし、「SHIRO」は特殊な糸を高密度で編み込むことで、遮光生地の透けを無くし、極めて白度が高い遮光カーテンを実現。遮光2級カーテンに指定されています。しっかりと光を遮りつつも、真っ白い生地なので照明を反射して室内が明るく、開放的に感じられます。

清潔感あふれる白さなので、一般家庭はもちろんホテルの客室や会社の待合室などにも使われているぐらいです。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shiro-curtain

・遮光性とおしゃれを実現した柄物カーテン アートデブルーム
カーテンくれないWebには柄物遮光カーテンも豊富。特に鮮やかでおすすめのカーテンは「アートデブルーム」。生地に南国を思わせる花柄が世界最高水準のデジタルプリント技術を用いて鮮やかにプリントされています。

遮光生地によるくすみも一切なし。これまでの「暗い」「重い」「地味」という遮光カーテンのイメージを覆します。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/bloom

●今すぐWebサイトを見てみよう!

以上、カーテンくれないWebの商品をほんの一部だけご紹介しました。もちろん他にも魅力的な遮光カーテンが勢揃い。きっとサイトを見ていると欲しくなってしまうカーテンが見つかるかと思います。

「遮光カーテンが欲しいけど、お店ではいいものが見つからなかった」という方は今すぐチェックしてみてください。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-インテリア
-遮光カーテン

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.