ライフスタイル

周りと差がつく!象革バッグの5つの魅力とは?

投稿日:2018.4.10 更新日:




新しいセカンドバッグが欲しいと思っている方で、「今度は個性的なものを使いたい」「本当に良いものが欲しい」という方には象革がおすすめです。

牛革など、他の皮革にはない魅力がたっぷり。今回は象革の魅力と、おすすめの象革セカンドバッグをご紹介します。

象革の5つの魅力

動物園の人気者である象。なぜ、象革の人気が高いのか、その魅力をご紹介します。

・希少性
かつて象は革や象牙採集目的での乱獲や地球環境の変化で頭数が激減しました。現在ではワシントン条約で原則として捕獲や輸出入が禁止されているため、象革は非常に希少価値が高い皮革なのです。

ただし、アフリカのジンバブエでは例外的に象革の輸出が許可されています。生態系を守るために間引きした象や自然死した象の革の在庫が多くなったため、それを処分するための措置です。

しかし、あくまで例外的な措置で、いずれかは象革の輸出入は全面的に禁止になるでしょう。市場に出回らなくなればなるほど、その希少価値は高まっていくものです。

・話題性がある
希少価値が高いということは、それだけ話題性もあります。
「このバッグ、象の革からできているんだ」と言えば、「へぇ〜」と驚かない人はいないでしょう。
象牙が貴重なように、象革も貴重で効果なイメージがあります。
動物園の人気者だけに意外性もバツグンです。

また、パッと見何の革なのかがわからないのも食いつきがいい理由。象革のバッグを使われている方は、よく「それ何の革」と尋ねられるそうです。

・表情が個性的
動物園で象を見たことがあるなら、シワシワの皮膚が印象に残っているかもしれませんね。象革ももちろん、あの独特なシワが入っています。斜めに入っているシワが三角形やひし形など、幾何学的な模様をバッグに創り出しています。

世界に1つしかない革の表情に魅力を感じる方も多いのです。

・丈夫で摩擦にも強い
アフリカの厳しい大地で育っている象の革は耐久性もバツグン。摩擦に強く、型崩れしにくいので、長く使うことができます。

そのため、メンテナンスの手間も他の皮革と比べて多くありません。ブラシでやさしくブラッシングして、象革専用のスプレーで栄養を与えてあげるだけで、ツヤを長持ちさせることができます。

・質感が良く経年変化が楽しめる
象革は起毛皮革なので、手触りがしっとり。特に手で持ち歩くセカンドバッグには最適な素材なのです。

また他の皮革と同様、使っていくうちに柔らかくなり、ツヤが増すという経年変化も楽しむことができます。
起毛皮革なので、毛が寝ることによって独特のツヤと質感が出てきます。

おすすめの象革セカンドバッグ

希少性と話題性がバッチリ。表情や質感も良くて、耐久性も高く、見た目の良さも実用性も兼ね備えた象革は、ぜひ今のうちに手に入れておきたいアイテムです。

そこで、ここからはおすすめの象革セカンドバッグをご紹介します。

・セカンドバッグ エキゾチックレザー Elephant  No.te-152-tak
全面を象革で覆った、贅沢な一品。気品あふれたディテールに、象革の独特な表情が楽しめます。

ワシントン条約に基づいて正しく輸入した象革を、日本国内で匠の技をもつ職人が1つ1つ丁寧に作り上げている証として「JRA」マークが入っています。全日本爬虫類皮革産業協同組合が発行していて、ワニやベビ、トカゲ、オーストリッチ、象などエキゾチックレザーを正しく輸入していて、なおかつ日本国内で仕上げている製品にのみJRAマークが与えられています。

JRAマークが入っていれば、紛れもないホンモノで、合法的に輸入されていることが証明されているので安心です。

開口部はかぶせ蓋となっていて、上面には持ち手も付けられているので、手提げ鞄としても使用可能。背面にはオープンポケットが付けられているので、小物や書類入れに最適です。

着脱がしやすいマグネットホックで蓋を空けると、優美なゴールドの裏生地を使ったメイン収納部が目に入ります。

財布や小物がしっかりと入り容量たっぷり。加えてファスナーポケットとオープンポケットがあるので、小物を整理整頓して持ち運ぶことが可能です。

外観も、内観もこだわり抜いて作られていることが感じられるセカンドバッグ。カラーバリエーションは、象革らしさを感じられるグレーと、高級感がありビジネスシーンにもよく合うブラックの2色。上質さを知る大人にぴったりの一品です。

http://www.factus-homme.biz/fs/factus/item-te-152-tak

●超貴重な象革のセカンドバッグを手に入れよう

希少性が高い象革のセカンドバッグ。今後、輸出入が完全に禁止されてしまったら、ますます希少性が高くなって値上がりをすることが考えられます。また、そもそも市場に出回らなくなって手に入らなくなってしまうかもしれません。手に入れるなら今がチャンスです。

一度使ったら病みつきになること間違いなし。耐久性が高いので、末永く使うことができますので、皮革フリークの方や、ホンモノにこだわる方にはぜひ象革のセカンドバッグを使っていただきたいです。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-ライフスタイル
-バッグ, 象革

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.