ライフスタイル

就活で見られているのは靴!?面接で失敗しない革靴の選び方

投稿日:2018.6.22 更新日:




就活で最も見られているのは靴だと言われています。スーツに適した靴を選び、汚れないようにピカピカに磨いておくことが大切です。
そこで、今回は就活での革靴の選び方について実例を交えて解説します。

採用担当者は就活生の靴を見ている

「足元を見る」ということわざがありますが、それは足元までしっかりと気を遣っていないと弱点が見えてしまうという意味です。

ある採用担当者は、「面接のときは靴を見ればその人の人となりがわかってしまう」と言っていました。いくらスーツでビシッと決めていても、靴が汚れていたら「細かいところの気配りができていない人」と思われてしまいます。

靴というのは顔や他の体の部分よりも目立ちにくい箇所なので、どうしても手を抜きがちです。大切なのはそんな目立たない部分に気を遣えるかどうか。確かに仕事でも目立たない部分や見えない部分で手を抜かないことが大切です。

また、靴で物を大切にするかどうかもわかってしまいます。新しいのに傷が入っている、かかとが潰れている靴を履いていたりすると、「物を大切に扱えない」という印象を与えてしまいます。

目立つスーツや身だしなみには誰しもが気をつけますが、目立たない靴は気を遣う人と遣わない人がはっきり分かれる。だからこそ、プロの採用担当者は靴を見るのですね。

就活にふさわしい靴の選び方

それでは次に就活にふさわしい革靴の選び方をご紹介します。店頭には色んな色・形の革靴が並んでいます。ついついオシャレを優先して選んでしまいがちですが、就活はビジネスマナーが問われます。オシャレは入社してからでもできますので、まずは就活で内定をゲットするために、ビジネスマナーを意識した革靴選びを心がけましょう。

・色は黒が基本
革靴はベルトの色と統一するのが基本です。就活で黒のスーツに黒いベルトというのが無難なスタイルなので、革靴も黒いものが無難。冠婚葬祭でも黒の革靴が使われているように、最もフォーマルにふさわしいカラーが黒なのです。

・なるべくシンプルなものを選ぶ
最近ポインテッドトゥという、つま先が尖った靴が流行っています。「就活で周りと差をつけたい」「オシャレに決めたい」といってポインテッドトゥの革靴を買おうと思っている方もいるかもしれませんが、就活にはあまりふさわしくありません。「チャラい」「立場をわきまえていない」という印象を与えてしまいます。

他にもつま先に装飾が付いていたり、エナメル加工が施されていたり、さまざまなデザインの革靴を見かけますが、同様に就活にはあまりふさわしくありません。

装飾がないシンプルなものを選びましょう。

・素材は牛革がおすすめ
牛革やワニ革やダチョウ革など、革靴に使われる素材はさまざまですが、やはり就活ではスタンダードな牛革がおすすめです。
たとえばワニ革は模様もきれいで光沢も強いですが、いかにも高級品という雰囲気があり、就活生が履いていると「背伸びしている」「嫌味」という印象を与えかねません。

本革に似せたポリウレタン樹脂や塩化ビニル樹脂を使った「合皮」の靴も多いです。本革の靴よりも安価ですが、あまりにも安いものは見た目も安っぽくなってしまいます。また、ひび割れなども起きやすいので、長く使いたいというのであれば本革の方がおすすめです。

・歩きやすい
革靴は素材も硬く、デザイン性重視で作られているため、歩きにくいものも少なくありません。就活では歩く機会も多いため、なるべく歩きやすい靴を選ぶのがおすすめです。
つま先の形状や着脱のしやすさで選ぶと良いでしょう。

就活におすすめの革靴

それでは具体的に就活にはどんな革靴が良いのでしょうか?3つ実例を見てみましょう。

・TRAKAR'S(トラッカーズ) ビジネスシューズ No.3700-rort
ステアレザー(牛革)を使用したスタンダードな革靴です。デザインもシンプルで就活にはもってこい。幅広なのでゆとりもあり、「着脱しやすい」「履いていて楽」と口コミでも評判です。
靴底には軽量ラバーソールが使われているので、雨の日でも滑りにくくて歩きやすくなっています。
https://www.factus-homme.biz/fs/factus/accessory_08/item-3700-rort

・TRAKAR'S(トラッカーズ) 紳士靴 No.5700-rort
シンプルでありながらも光沢が美しく、質感の良さが感じられる革靴です。空気循環・エアクッションシステムを搭載しているので、革靴にありがちなムレを防ぎ、歩きやすさを実現しています。
スニーカーのような実用性の高さがある革靴です。
https://www.factus-homme.biz/fs/factus/accessory_08/item-5700-rort

・CELESTINO(セレスチーノ) ビジネスシューズ No.ce12-rort
ちょっと良いものを選びたいという方にはこちら。スッキリとして洗練されたシルエットが美しい、ワンランク上の革靴です。
「すくい縫い」と「出し縫い」の2工程を組み合わせた「グッドイヤーウェルト式製法」で高い耐久性を実現。大人っぽい雰囲気で、長持ちもしますので、就活はもちろん、入社後も長く使い続けることができます。
https://www.factus-homme.biz/fs/factus/accessory_08/item-ce12-rort

就活は革靴選びが肝心

「たかが靴」「履ければいいじゃん」と侮るなかれ。靴はその人の性格が表れますので、決して適当に選ばないこと、そしてしっかりと手入れをすることが重要です。

TPOに合った靴を選んで、しっかりと手入れをしていれば、「細かいところもしっかりしている」と好印象を与えられること間違いなし。ぜひ、今回の記事を参考にして革靴選びにもこだわり、就活をビシッと決めましょう。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-ライフスタイル
-就活,

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.