インテリア

北欧柄カーテンでお部屋をイメージチェンジ!柄別のコーディネートをご提案

投稿日:2017.11.27 更新日:




ヨーロッパ風のインテリアは世界的に人気が高く、中でも北欧インテリアは根強いファンが大勢います。日本も例外ではなく、新築やリフォームの際に「北欧風のインテリアでコーディネートしたい」という声がしきりです。

ただ、壁も床も家具も全て北欧風に統一するとなると、かなり費用がかさみます。一気に揃えるのが厳しい場合は、まずはカーテンに注目してみましょう。室内でカーテンの占める割合は意外に大きいので、カーテンを北欧っぽい柄にするだけでお部屋の雰囲気がたちまち変わります。

今回は柄別の演出効果をご紹介しますので、貴方の暮らしにもぜひ北欧柄カーテンを取り入れてみてください。

ナチュラルなイメージなら植物柄

北欧風のインテリアと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、穏やかで清潔感にあふれたナチュラルなお部屋ではないでしょうか?

ナチュラルなイメージに仕上げたい場合は、北欧の森や草原を思い起こさせる植物柄のカーテンがおすすめです。葉っぱや樹々をモチーフにした柄は、自然の持つヒーリング効果を生み、木製の家具やフローリングとも相性バツグン!ベースカラーは白系や明るいベージュが落ち着きます。あるいは渋めのグリーン系をベースカラーに用いて、白抜きの植物柄にしても素敵です。

ヴィヴィッドな色とポップな柄で明るいイメージに

大きな花柄やサークル柄は、北欧の代表的なモチーフ。冬が長い北欧では、風景がモノトーンに閉ざされがちです。せめて室内だけは温かさや明るさを演出したいという思いから、はっきりした色合いの大胆な柄が多く生まれたのでしょう。

お子様のお部屋や家族が集まるダイニングには、ヴィヴィッドな色合いでポップなデザインのカーテンがおすすめです。赤やオレンジの大きな花柄やサークル柄が、室内全体を明るく温かなイメージにしてくれます。

シックな色使いのシャープな柄ならモダンなイメージ

北欧テイストのカーテンは、優しい色や明るい柄だけではありません。シックな色合いやシャープな柄もいっぱい!北欧では、フィヨルドや森林に囲まれた自然豊かな暮らしをしていると思われがちですが、意外なことに人々の大半は大都会で先進的な暮らしを営んでいます。そのため、都会的でモダンな空間演出も、北欧インテリアの得意とするところ。

ホワイトベースにグレーや黒のブロック柄を配したモノトーンのカーテンは、室内をモダンなイメージにしてくれます。あるいは、柔らかいブラウン地に黒やホワイトの幾何学柄のカーテンもおすすめです。落ち着いた大人っぽいカーテンが生み出す空気感は、静かに過ごしたい寝室や書斎にはもってこい!メタリックな小物やスチール家具とあわせれば、北欧の都会風なお部屋が出来上がります。

カジュアルでくつろげるイメージならチェック柄

誰にでもなじみ深いチェック柄を用いたカーテンは、カジュアルでホッとくつろげるイメージを与えてくれるでしょう。幼いころから慣れ親しんだ、ちょっと懐かしいような感覚。チェック柄にはそんなイメージもあります。

秋から冬はチェックの色合いを暖色系に、春から夏は寒色系にと、季節によって交換するのもおすすめです。柔らかく滲んだような色のチェック柄なら、まるで北欧の山里にたちこめる霧の中にいるかのよう。クッションやマットなども同じチェック柄で揃えれば、気分はすっかり北欧カントリー!

暮らしに北欧柄を取り入れよう

ヨーロッパ諸国の中でも、特に厳しい自然環境のもとにあるノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの北欧4カ国。北欧インテリア全般が洗練の中にもほっこりとした温かみを感じさせるのは、冬でも快適に暮らしたいという人々の切なる願いがこもっているからでしょう。

ドアや壁紙を変えるのは大変ですが、カーテンなら手軽に取り入れることができます。見ているだけでも心安らぐ北欧柄のカーテンで、日々の暮らしを豊かで温かいものにチェンジしてみてはいがかでしょうか。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-インテリア
-インテリア, オーダーメイド, カーテン, カーテンくれない, デザイン, 遮光, 遮光性

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.