フラワー・ギフト

ガーデンパーティにおすすめ!手作りできるおしゃれなブーケ

投稿日:




ブーケは結婚式を形作る大切なアイテムですね。
思い出のブーケを自分で作りたいと思っても、いざとなるとどんなものを用意したらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、ガーデンやレストランでのパーティー形式での結婚式や2次会に役立つ個性派ブーケについてご紹介いたします。

 

●花言葉からブーケのメインの花を選ぶ

ブーケは形や生花と造花、花の種類、カラーなどの組み合わせによって何通りも選べるので迷ってしまいますね。
数ある選び方の中で、新郎に伝えたい気持ちを花言葉に秘めてブーケのメインの花を選んでみるのもよいのではないでしょうか。

ブーケのメインフラワーによく使われるオールシーズン入手可能な花言葉をご紹介します。

○バラ
「あなたを愛しています」「私はあなたにふさわしい」
○カサブランカ
「雄大な愛」「威厳」「高貴」
○カラー
「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「夢のように美しい」
○ガーベラ
「希望」「常に前進」
○ブルースター
「幸福な愛」「信じあう心」
○スターチス
「変わらない心」「上品」
○かすみ草
「清らかな心」「親切」「幸福」「夢心地」
○アイビー
「永遠の愛」「結婚」「誠実」

花嫁さんの胸にぐっときた花言葉はありましたでしょうか?

 

●他の花嫁さんとはちょっと違った個性派ブーケ

ガーデンパーティーやレストランパーティー用、2次会用、お色直しのカラードレス用としておすすめなのが、リスト、リース、ボール、バッグ、ステッキなどがあります。

○リストブーケ

リストブーケは手首に付ける華やかなブーケのこと。

披露宴では、キャンドルサービスや手紙を読むシーンなど手を使う演出があり、リストブーケは手が自由に使えます。ガーデンパーティでは、動きやすく出席者の方にご挨拶もしやすいですね。

花をたくさんちりばめたドレスであれば、ドレスのデザインの邪魔をしないので、すっきりとコーディネートができます。結婚指輪も見せられるのもポイント。

○リースブーケ

輪っかのリースは、終わりがない形から「永遠」を意味するといわれています。

花束のブーケも素敵ですが、リースブーケを使えばよりナチュラルに演出できます。

ふんわりと膨らんだ正統派の‘プリンセスラインドレス’や釣鐘のような‘ベルラインドレス’、高いウエストラインから直線的に裾に向かって落ちていく上品でセクシーな‘エンパイアライン’に似合います。

手に提げたり、座りポーズでも扱いやすいので、ナチュラルな雰囲気の前撮りにも活躍しますね。

○ボールブーケ

ボールブーケは、持ち手が紐やリボンにひっかけるようにして持つ丸い形のブーケです。
見た目は可愛らしくインパクトがありますが、比較的どんなタイプのドレスにも合わせやすいブーケです。

手鞠のようでかわいらしいボールブーケは和装にも合います。
プリンセスラインドレスとベルラインドレスにもおすすめ。

ご紹介したブーケは、プリザーブドフラワーや造花で作られることが多いので、結婚式が終わった後も思い出としてウェルカムボードなど、お部屋のインテリアとして飾れますね。

●リースブーケの作り方

ブリザーブドフラワー、造花などを使った簡単なリースブーケの作り方をご紹介します。

○準備するもの
・ブリザーブドフラワー、造花、生花、葉
・グルーガンか接着剤(強力なものがおすすめ)
・装飾パーツ(パールやリボンなどお好みで)
・フラワーワイヤー(造花などの茎になる便利な紙巻ワイヤー)
・はさみ

○作り方
1.リースブーケの土台となるツルや材料を用意

2.土台をつくる
蔓をひとまわしして外周を作り、麻紐などで固定します。
そこにもう何本か蔓をくぐらせるようにして絡ませ、リースの土台を作ります。
できているリースを使うとラクですね。

3.土台にフラワーやグリーンを置いて配置を決める
大きなお花のアレンジする場所を検討します。
ユーカリなど、ドライフラワーにもなる素材も利用しやすいですね。
必要であればフラワーワイヤーなどで素材を土台に絡ませます。

このとき前や後ろから見ても、横から見てもかわいく仕上がるように作業をすすめましょう。

4.バランスを見ながらクルーガンやボンドで固定
剥がれ落ちてしまわないように、クルーガンでしっかりと固定していきましょう。
さらに、スプレーのりをスプレーするとしっかり固定されます。

5.お好みでリースにリボンを絡ませて
持ち手にリボンをつけたり、リースに絡ませるようにするとかわいいですね。

ブーケ作りに慣れていない方は、プリザーブドフラワーや造花、生花のブーケのキットなどを利用されるのも一つの方法です。

キットなら必要な花材、資材、花器など必要なものが揃っているので、使いきれず余ったりしません。作り方も動画や説明書が用意されているので、失敗は少なく、種類も豊富です。
結婚式の準備で忙しいので、材料集めの手間もかからないところもいいですね。

また、フラワーアレンジメントの教室などで、ブーケの作り方の講習会を開いているところもあります。

プロの先生に作り方を習えば安心なので、お住まいの近くで教室がないか探してみるのもよいのではないでしょうか。

手作りブーケの選び方や作り方は参考になりましたでしょうか?

オーダーメイドのブーケも素敵ですが、自分で作るハンドメイドのブーケは節約にもなります。

準備は何かと大変かと思いますが、なにより自分が作りあげていく過程が思い出に残る結婚式になるように楽しく準備しながら作ってくださいね。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-フラワー・ギフト
-amifa, お祝い, ブーケ, プリザーブドフラワー, , 花束, 通販

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.