ライフスタイル

目的別にご提案!理想的なリビングを演出するカーテン特集

投稿日:2018.2.21 更新日:




リビングはお家の中心。家族が集まりくつろぐ空間であるとともに、お客さまを迎える応接間の役割も果たします。

お家の中でも滞在時間が長く、一番重要とも言えるスペースなだけに、空間づくりもこだわりたいものです。「リビングがなんだか狭く感じる」「お客さまを迎えるにはちょっとな」「楽しい空間にしたい」と、リビングに悩みや理想をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カーテンを替えれば、お悩みの解決や理想が実現できるかもしれません。今回は目的別に、リビングを大変身させるカーテンをご紹介します。

●リビングを広々と見せるカーテン

同じ空間でも視覚で感じる広さは変わってきます。例えば茶色や黒などの寒色は圧迫感を感じさせる視覚効果があります。一方で、白色やアイボリー、水色、黄色は膨張色なので空間を広く見せることができます。

地味目のカーテンから明るい色のカーテンに替えるだけで、同じ面積でもリビングが広く感じられるのです。

・40色から選べる遮光カーテン プレンティ(暖色系)
一番人気の遮光カーテン「プレンティ」はリビングにおすすめ。選べるカラーはなんと40色。特にリビングで使うなら、エクリュ(アイボリー)、サーフブルー(水色)、ソイ(明るい緑)、ストロベリーミルク(ピンク)が良いかと思います。こちらのページでリビングに取り付けたイメージが確認できます。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/plenty

一級遮光なので、眩しい太陽光や夜の街灯もしっかりとシャットアウト。カラーバリエーションも豊富で、プレーンなデザインですので、どんなお部屋にも合わせやすいです。

・縦に広い空間を演出する 爽やか遮光カーテン・ストライプ
縦に線が入っているストライプ柄は、縦へ広く見せる効果があります。例えば、ストライプ柄のスーツを着れば身長が高く見えますよね。カーテンも同様です。

ストライプ柄の遮光カーテン「ストライプ」は、白地にちょうどよい太さのストライプ入り。発色が良くて明るい雰囲気があるので、開放的な空間を演出します。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/stripe

・眩しいくらいの白さ SHIRO
徹底的に白さにこだわったカーテンが「SHIRO」。どうしても従来の遮光カーテンだと中の遮光生地が透けて、「白色」と謳っていても実際には微妙にグレーやアイボリーっぽい、くすみが生じている色合いになっていました。

SHIROは純白の糸を高密度に編み上げているのでくすみは一切なし。照明を反射して明るく、開放的なリビングを演出します。上質感がある白さなので、ラグジュアリーな雰囲気のリビングにもぴったりです。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shiro-curtain

●お客さまに「センスいいね」と言われるリビングを演出するカーテン

応接間としてリビングを利用するならカーテンは重要です。内装はデザイナーがデザインするので変えようがありません。家具も替えるのは大変。でも、カーテンならすぐに模様替えができます。

しかも、洋服と同様選ぶ人のセンスが問われるアイテムです。いくら内装や家具のセンスが良くてもカーテンがダサいものだと、部屋全体がダサく見えてしまいます。逆に内装や家具が地味だったり古いものだったりした場合でもセンスが良いカーテンを使っていると「おしゃれ」と思われるかもしれません。

・まるで絹のような肌触りと輝き グランドシルキーグロス
ポリエステル生地でありながらも、特殊な糸を高密度に編み込むことで絹のような質感を再現したのが「グランドシルキーグロス」。やわらかい手触りに、キラキラと煌く光沢は別格。2倍ヒダを使うことで、見た目も非常に重厚です。

美しい艶と発色の21色をラインナップ。きっとお客さまに「違うね!」と言われることでしょう。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/grandsilky

・ラグジュアリーで個性的 ファーandニット
デジタルプリントで毛皮やニットをプリントした遮光カーテン「ファーandニット」。非常にリアルで、触らないとプリントだとわからないくらいです。

お客さまをリビングに招けば、一瞬で視線を惹きつけ、話題の中心になるかもしれません。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/furknit

●楽しい空間を演出するカーテン

食事をしたり、テレビを見たり、語り合ったり、遊んだり…リビングは家族みんなが楽しく過ごす場所です。楽しい家族団らんの時間を、カーテンを替えることでより楽しくできるかもしれません。

・一家団らん楽しいひととき。食欲ももりもり湧く? プレンティ(オレンジ系)
またまた登場のプレンティ。リビングで楽しく、美味しく食事を楽しみたいのなら、「ペールイエロー」や「サフラン」などのオレンジ系のカラーがおすすめです。

オレンジ色には社交的な気持ちにさせる、温かく感じさせる、食欲を増進させるといった視覚効果があります。楽しい食事や一家だんらんの時間を過ごしたいのなら、ぜひ取り入れてみましょう。

https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/color-orange_yellow

・大人も子供も喜ぶ ノスタルジー
遊び心あふれる「ノスタルジー」。大人にとっては懐かしさを感じ、子供にとってはポップな柄が楽しい、柄物遮光カーテンです。

少し大胆なデザインですが、こうした遊び心を取り入れてみるのも良いかもしれません。
https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/nostalgie

いかがでしたか?「これ良さそう!」という1枚が見つかったらうれしいです。
カーテン1枚でリビングの雰囲気はガラリと変わります。リフォームや家具の配置換えのように、費用や手間も少なくて済みます。理想の空間を手に入れるためには、まずはカーテンを模様替えしてみてはいかがでしょうか?

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-ライフスタイル
-カーテン, リビング

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.