インテリア

インテリアにこだわるならカーテンにもこだわろう!おすすめ北欧調カーテン

投稿日:




「とりあえず日光を遮られればなんでも良いや」とカーテンを適当に選んでいませんか?
開けておく機会も多いカーテンはインテリアと比べると盲点になりがちですが、実はお部屋の雰囲気を大きく左右するものです。
カーテンがシンプルすぎるとお部屋が味気ないものになってしまいますし、暗い色だとお部屋が狭く感じてしまうなど、カーテン1つでお部屋の雰囲気ががらりと変わります。

インテリアにこだわるのならカーテンもこだわりたいもの。特に北欧調のカーテンはデザインも良く人気です。

そもそも北欧調って何?

よくインテリアでは「北欧調」という言葉が使われますが、そもそも北欧調とは何なのか、北欧調のカーテンとはどのようなものか、まずはそこから解説していきましょう。

北欧とはフィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランドといったヨーロッパ北部の国々を指します。

緯度が高いので寒さが厳しく、1年のなかでも夜にも太陽が昇っている白夜や、逆に太陽が昇らない極夜の期間があり、我々が住む日本とは大きく環境が違います。
そんな北欧の国々の人は室内で過ごす機会も多いので、インテリアにもこだわりが強いです。
特に極夜の時には1日中暗くて寒いという環境になりますので、気持ちを温かく、明るくするデザインが好まれます。

家の内装や家具では木を多用したあたたかみのあるデザインや、素材感が楽しめるデザインで、色使いもアースカラーの落ち着いたもののことを北欧調と呼びます。
一方カーテンでは落ち着いた色調の中にも幾何学模様や花など派手な柄が入っていて、明るさを感じさせるデザインのものが北欧調と呼ばれているのです。

内装や家具は木を中心に温かみがある落ち着いた雰囲気を、カーテンで明るさを演出するというのが北欧の家なのですね。

人気の北欧調カーテンTOP3

ポップで可愛らしく、気分を明るくしてくれる北欧調のカーテンはどのようなものがあるのでしょうか?特に人気があるものを3つ見てみましょう。

・北欧カーテン「リンダ」
スウェーデンの若手デザイナー、リンダ・スベンソンがデザインしたカーテンが「リンダ」です。スウェーデンの都会、田舎問わずさまざまな場所で目にしたエレメントをベースとして練り上げられたデザインは世界中から人気。IKEAやMio、KILPPANSなどさまざまなブランドで彼女のデザインが取り入れられています。

鮮やかな曲線が描かれた「Field」、スウェーデンの豊かな森を感じさせる「Leaf BIG」、春の花を大胆に描いた「Spring Flower」、まるでお花畑にいるような気分にさせてくれるかわいらしいデザインが特徴の「Spring Plant」の4タイプで、それぞれ4つのカラーバリエーションがあります。

正統派な北欧調デザインと言えるリンダ。遮光二級、形状記憶加工、丸洗いOKなど機能面でも申し分ありません。

http://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/linda

・北欧テイストコットン100%カーテン「Zag」
幾何学模様をあしらった北欧テイストのカーテン。こちらも代表的な北欧調デザインと言えます。

タテとヨコのラインで構成される柄はかなり派手目。思わず視線がカーテンに吸い寄せられます。
北欧調のリビングにはもちろん、遊び心も感じられるので子供部屋にもおすすめです。

色は「ザッグブラック」、「ザッグレッド」、「ザッグイエローチョーク」、「ザッグブルーグレイ」、「ザッグカーキーブラウン」の5色の中から選べます。

綿100%だから風合いや手触りもやさしく、ノーホルマリン加工なので健康を害することもありません。
http://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/zag

・ノスタルジー
ポップでかわいらしいデザインがお好みなら「ノスタルジー」がおすすめ。懐かしさを感じさせるレトロな色使いと、斬新なポップな絵柄がモダンさも感じさせる、不思議な雰囲気ももつカーテンです。

デザインパターンは果物が所狭しと描かれている「フルーツポンチ」、カラフルな三角形が描かれていて派手めな「トライアングル」、ビンテージ感あふれる「レトロスクエア」、大きい水玉模様が懐かしさを感じさせる「水玉」の4パターン。それぞれ2色の中から選べます。

二級遮光品なので、生地はしっかりめで、光沢があるカチオン糸が縫い込まれています。防炎加工が施されているので、いざという時でも燃え広がらず、ご家庭はもちろん店舗や事務所などでも使用可能です。
http://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/nostalgie

 

北欧調の家には北欧調のカーテンを

以上、人気がある北欧調カーテンをご紹介しました。どれも柔らかくてかつ部屋を明るく演出してくれるデザインのものばかり。
特に木をあしらった内装や家具が多いお部屋はどうしても雰囲気が落ち着きすぎる面があるので、こうした明るめの北欧調カーテンが良いアクセントになります。

かわいらしいので、女性や子供の部屋にもぴったり。インテリアに合わせてカーテンを選べば部屋の雰囲気もガラリと変わること間違いありません。「このカーテンはお部屋に合うのかな?」「こんなカーテンを使ってみたい!」と思いながら選ぶ楽しさもありますので、ぜひあれこれ悩みながらお部屋にぴったりのカーテンを選んでみてください。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-インテリア
-オーダーメイド, カーテン, カーテンくれない, 北欧

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2018 All Rights Reserved.