ペット

大型犬のお散歩にはハーネスを!反射テープがあれば夜も安心!

投稿日:




愛犬とのお散歩は明るい時間帯に行くのが一番ですが、仕事などの都合で夜しか行けないというケースもあると思います。
夜のお散歩で一番気になるのは、愛犬の安全性ではないでしょうか?
視認性が低くなる夜間は思わぬ事故に遭わないためにも、愛犬と飼い主さん両方の安全対策が必要です。
そこで今回は、夜にお散歩させるときの注意点や対策、さらに大型犬のお散歩にピッタリのハーネスについてご紹介します。

 

知っておきたい!夜のお散歩の注意点

まわりが明るい日中のお散歩にくらべて、夜暗い中のお散歩には多くの危険がひそんでいます。
危険予防のためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

車・バイク・自転車から犬が見えない

暗闇では人も犬も見えにくくなるため、ドライバーがその存在に気づくのも遅れがちです。
とくに人間より背が低い犬はよけいに見えづらく、ドライバーに気づいてもらえない可能性が高くとても危険です。
たとえ飼い主さんには気づいてもその先にいる犬には気づかずに、衝突してしまうという危険性もあります。

また、犬につながっているリードが見えずに自転車やバイクが突っ込んで、運転手が転倒してしまうこともあります。
その場合、飼い主さんまで巻き込まれて怪我をしたり、驚いた犬が逃げ出してしまうということも考えられます。

車やバイクはブレーキを踏んでもすぐに止まれるわけではありません。
事故に遭わないようにするには、ドライバーにできるだけ早く気づいてもらえるように、反射テープや反射板、LEDライトなどのグッズを活用しましょう。

犬・飼い主もまわりがよく見えない

明るい時間帯のお散歩と違い、夜のお散歩では飼い主さんや犬もまわりが見えにくくなります。
まわりが明るければ遠くから人や自転車に気づいて避けることもできますが、暗い夜ではギリギリまで気づかないことも少なくありません。
無灯火の自転車との接触事故や、曲がり角から急に人が現れてお互いにビックリということも...。

さらに怖いのは、驚いた愛犬が首輪やハーネスから抜け出したり、リードを振り切って逃げだしてしまうことです。
パニック状態になって遠くへ行ってしまったら、愛犬を探し出すのも容易ではありません。
抜けにくい首輪やハーネスを選んで正しく装着するとともに、お散歩中はリードをいつもより短めにしてしっかり持つことを心がけましょう。

足元が見えにくい

足元が見えにくいため段差や障害物に気づかずにつまずいてしまったり、ガラス片や金属片などを踏んで愛犬が怪我をしてしまう場合もあります。
なるべく街灯のあるコースを選び、明かりのない暗い場所では懐中電灯などを使用することをおススメします。

 

ここがポイント!夜のお散歩の安全対策

夜のお散歩でもっとも大切なことは、愛犬の存在に気づいてもらえるよう目立たせる工夫をすることです。
暗闇で愛犬を目立たせる方法は2つあります。

反射グッズを利用する

反射材は車のライトがあたるとピカッと反射して光ります。
飼い主さんや愛犬が反射材を身に着けることで、ドライバーに見つけてもらいやすくなります。

・反射タスキ

飼い主さんだけでなく犬にもたすき掛けしてあげると、ドライバーの注意をひくことができます。
100均でも購入できるので試してみてはいかがでしょうか?

・反射バンド

人の足首にはめるバンドで、タスキとWで身につけると更に目につきやすくなります。

・反射材を使用した散歩グッズ

反射板や反射テープ付きのリード、首輪、ハーネスなども暗い夜道で効果的です。
首輪・ハーネスと反射リードをセットで使用すれば、犬の散歩中だということをアピールできて安全性もアップします。

LEDライトで常に存在を知らせる

ヘッドライトがあたらないと光らない反射材に対して、常に光って存在を知らせてくれるのがLEDライトです。
反射グッズだけだと真っ暗なところでは光らないので、無灯火の自転車や歩行者からは気付いてもらえません。
安全に夜のお散歩を楽しむためには、反射グッズとLEDライトを併用するのがベストです。

LEDライトを使用しているグッズにはLEDライト付きの首輪・ハーネス・リードの他、首輪やリードに装着する小型ライトなど様々な種類が揃っています。
飼い主さん用のLEDライトとしては手に持つタイプ、腕にはめるタイプ、首から下げるタイプなどがあります。
中でも首から下げるタイプのLEDライトは、手元や足元を明るく照らしてくれて、さらに両手が空いてリードをしっかり持つことができるのでおススメです。

 

脱げにくいハーネスで大型犬のお散歩も安心

ハーネスや首輪は抜けにくいものでなければなりません。
なぜなら普段は大丈夫でも、お散歩中に大きな物音やすれ違うバイクに驚いた拍子に、首輪やハーネスがすっぽ抜けて愛犬が逃げ出してしまうことがあるからです。
とくに夜のお散歩は人間でもドキッとすることが多いですし、大型犬の場合走り出そうとする愛犬を制御するのも大変です。

ハーネスのすっぽ抜けを防ぐには、愛犬の体にピッタリ合ったサイズを選ぶことが大切。
更にサイズ調節機能があるハーネスなら、ボディにフィットした状態で装着することができてより快適にお散歩ができますよ。

大型犬におすすめのハーネスがこちら!

http://www.houndcom.com/shopdetail/018002000031/

http://www.houndcom.com/shopbrand/234/P/#point

お散歩前にボディにフィットしているか、金具が壊れていないかを忘れずに確認してから出かけましょう。
反射グッズやLEDライトも装備して、愛犬との夜のお散歩を安全に楽しんでくださいね。

他の記事もチェック!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう




-ペット
-ハーネス, ペット, 帝塚山ハウンドカム, 愛犬, 散歩, 胴輪

Copyright© 消費者の視点 | Consumer's View , 2019 All Rights Reserved.